7/28㊎―30㊐は「リオフェス  in Kyoto」 で芦見谷の夏が賑やかにスタート!

演劇が二組、ダンスが1組、音楽は「ギターのソロ演奏」と、「北インド古典音楽」そして「舞踏」もあってバラエティ豊か!6組の実力派パフォーマー達が芦見谷の手作り野外ステージに登場してくれます!目の前で繰り広げられるアーティスティックなパフォーマンスをお見逃しなく~

おででこ芦見谷プロジェクト下書き


詳細は→おででこ公式サイト
チケットはサイト内「リオフェス in Kyoto予約」からお申込可能。

--------------------------

そして芦見の森サマープログラム第二弾は、


親子で二泊三日のキャンプ & 演劇体験も!
20017716_519426665116464_2859717822265241898_o

携帯圏外の森でスマホを手放し、空と川と森と、目の前にいる大切な人と繋って、子供たちの「自主性」と「共生力」と「創造性」をすくすくと育む!

「キャンプ」と「演劇ワーク」が何で一緒に?
創意工夫と協力する楽しさが一杯詰まった2つの要素は相性抜群です。そして役作りへのアプローチや、演劇創作の手法には、自分自身を俯瞰したり、異文化や異質な他者を理解し、共感する能力が欠かせません。これからのグローバル社会に生きる子供たちには(大人も勿論)必須のコミュニケーション能力に直結します。


 
・開催期間  2017年8月4日(金)― 8月6日(日)

・開催場所  芦見谷芸術の森 京都市右京区京北細野町芦見奥13-1

・参加対象者 小・中学生の児童と親のペアで。高学年以上のお子様お一人のご参加もご相談下さい。

・定員25名 
・応募締め切り7/31(月)
・申し込み 問合せは→おででこ公式サイト 内 【お問合せフォーム】
 電話・メールでも受付中! 09085199403 odedeko2010@gmail.com

みんなで挑戦! 竈の火熾し、食事作り、薪割り、五右衛門風呂焚き、キャンプファイヤー、野外ステージを使って演劇ワークショップ、野山の散策や、川遊びでオオサンショウウオにも会えるかも?

20017668_519426858449778_2915191263098537190_o

      

タイムスケジュール

【8月4日(金)】

12:30 集合・受付開始

13:00 オリエンテーション (テント張り、寝床作り、芦見の森ツアー)

15:30 演劇ワークショップ①「シアターゲームを使ってお互いを知ろう」

17:00 みんなで夕食を作ろう!(バーベキュー他)五右衛門風呂体験

18:30 夕食 みんなで後片付け

20:00 キャンプファイヤーを囲んで語ろう!

21:00 就寝

 

【8月5日(土)】

6:00 起床

6:30 演劇ワークショップ②「集団創作への挑戦」

9:00 朝食 みんなで後片付け

10:30 森の小枝を拾って自分オリジナル小枝人形を作ろう!

12:30 昼食作り

13:00 昼食 みんなで後片付け

14:00 自由時間(川遊び、森の探検、人形作りの続きや昼寝など遣りたいことをどうぞ)

15:30 演劇ワーク③「集団創作への挑戦」

17:00 みんなで夕食を作ろう!(鹿肉カレー)五右衛門風呂体験

18:30 夕食 みんなで後片付け

20:00 キャンプファイヤーを囲んで語ろう!

21:00 就寝


【8月6日(日)】

6:00 起床

6:30 演劇ワークショップ③「発表会」

9:00 朝食 みんなで後片付け

10:00 自由時間(帰り支度、空いた時間は遣りたいことをどうぞ)

11:00 クロージング・今回の体験で感じたことを自分なりに言葉する そしてみんなの言葉を聞く

11:30 解散


子供は本来遊びの天才で創造性の塊のはず

だけど・・・

都会の便利すぎるライフスタイルは創造性を発揮する場が無い?
全てがボタン一つで完了するから、捻ったり握ったりする事が下手?
コンビニが24時間空いているから料理をする必要がない?
包丁を持ったことの無い子供たちが増えている?
便利さへの極度な依存は、根本的な人としての強さから遠ざかる?

二泊三日のプログラムの中には、自分の手を実際に使って物創りしたり、
誰かと協力して何かを達成する経験を沢山盛り込んでいます。

 


・参加費 親子ペアで25000円 料金には以下の物が全て含まれます。

二人分の(二泊三日のスペース使用料、5回分の食材費、薪・炭代、ワークショップ受講料、テキスト代)親の承諾が有れば高学年以上の児童の一人参加も可能とする。15000円(一人分の上記内容を全て含む)

・スタッフ 演劇ワーク指導=おででこ演出「須川弥香」
・キャンプ体験補助(薪割り、竈の火たきの指導)=芸術の森オーナー「須川昌子」「須川眞一」他


宿泊は、この夏完成したばかりのビジター小屋と、キャンプサイト。
CIMG1064
床もすべすべ~お昼寝してみたい!
CIMG1080
小屋の側に屋根付きの流し台 白木がまぶしい
CIMG1067
真新しいシンク~!
CIMG1068
準備万端調えて、みんなの到着を待っています!











・主催 おででこ

・提携 芦見谷芸術の森

・後援 京北自治振興会、公益財団法人きょうと京北ふるさと公社

・協力団体 細野町町会

・助成 右京区まちづくり支援制度